關於部落格
  • 146

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

目にしたような混雑

目にしたような混雑

どうせおかま君たちの行動は遅いだろうと見込み、翌朝はチャーとのチャットの後、顔をさっと洗っただけで彼の部屋に向かった。さすがに手持ちの服が汗臭くなってきたので、大半を大きなバッグに詰めて彼のところで洗濯をさせてもらうことにしたのだ。洗濯機を回している間、風呂につかりリラックスした。

さすがに3回目ともなるとチャーも慣れたのか、ちょっと一緒に湯船につかっただけで「好きなだけ楽しむといいさ」とバスルームを離れたけれど、身体に剃刀を当てなかった今日は、彼と身体を重ねただけでチクチクとして不快感があった。それは私の陰毛も同様のこと。一度剃ると剃り続けなければいけないだろうに、この中途半端な状態の不快感をどうしたらよいものだろう。そうは思っていたけれど、特に言葉にはしなかった。

そして彼のアパートを去る際にはガラージまで一緒に降りて来てくれる彼だけれど、過去2回は私のクルマが見えなくなるまでそこで見送ってくれた彼なのに、今回は「じゃぁね」と言って私がエンジンを発進させた時点でくるりときびすを返していた。「結局、慣れってそういうことかもしれない」とワイキキに向かうクルマの中で思った。

やっさんの携帯に電話をしたらおかま君が出た。ワイキキビーチに出てる彼らと合流したのは昼も回った頃だった。お互いを見つけてビーチに出たら、椰子の木陰にタオルを敷いた手頃な場所に、水着姿のようちゃんを見つけた。細身にスポーティなビキニがよく似合っていた。ワイキキビーチも一番端のその場所は、ロイヤルハワイアンのビーチで目にしたような混雑はなく、カハラビーチのような洗練された感じもなかったけれど、程よく活気のあるナイスな雰囲気だった。

卒業当日の朝は のやろなとも思 暮春的江南,深深地思念 恩恵の一つであろう ように感想を書いたら 最小限度のエ 結構クーラーが でおくことにし 戀愛的季節 愛,卻落下斑駁的珠光淚
相簿設定
標籤設定
相簿狀態