關於部落格
  • 146

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

して裏切られた思いで

して裏切られた思いで

スマートフォンの登場によって、私たちの旅は大きく変わった。Google mapのお陰で道に迷うという無駄な時間はなくなるし、自分が探しているもの、それも不特定多数の評価に基づいた良質なものを確実にゲットするのにさほどの労力もいらなくなった。それでも、事前にマップ上でイメージしたものと、その場に到着して肌で感じた『現実感』というのは、結構な差があるものだ。

島巡りの翌日は、ホノルルの住宅街の探索にでかけることにした。今まではカハラの端っこ、モールとビーチの間を歩いただけだったけれど、今日はカハラ、カイムキ、カパフル住宅地の雰囲気を感じるために軽くクルマで流してみようと思った。

情報誌に『カイムキを歩いてみよう!』なんてあったので、ベイエリアの閑静な郊外のダウンタウンあたりを想像してでかけてみたら、あまりにもしけていたので唖然とした。

『レストランやブティックが近くにあって、とても便利なところ。一度この地域に住んだら、もう他に住めないくらいです』

部屋を探しているときに、そういう紹介文を書いていた人がいたけれど、その『便利さ』というのはこの程度のレベルなのだ、と気づいた次第。中心地にある小さなパーキングは出る人待ちの混雑だったし、店の数は圧倒的に少なく選択の余地がない小さなカフェは30分待ちだった。多分に中心地であるその通りには、シャッターの降りている訳の分らない店もあり、何故にしてこんなに閑散としているのか不思議なくらい。観光客が流れている今、もっとこの場でビジネスをしようという人がいてもおかしくないとは思うのだけれど。

しかたがないので角にある小さな店で『アサイボウル』とやらを食べてみる。フルーツの盛り合わせかと思ったら、まるでシャーベット状のものにグラノラやフルーツのトッピングがしてあるもので、ランチ代わりになるものではなかった。勝手に思い込んでいた『お洒落な住宅地の繁華街をぶらぶらしてみる』という計画は全くとして裏切られた思いで、途方にくれた。

その後、カパフルを流してみたけれど、ところどころで数少ない『スポット』に群れている日本人観光客などをちらりとみた。

你可知我有多麼的愛你 棉花裏的童年 生命還在愛情就在 心痛的回憶 佛前一朵蓮花 徹底的淡忘 寧靜的心 生命的意義 な顔の人ばかり ンズを撮り忘れ
相簿設定
標籤設定
相簿狀態